*

沖縄県に住んでみてわかった車事情

沖縄に移住して早一年。私が沖縄に来て感じたことをありのままに書きたいと思います。

沖縄は車社会なので、車なしでの移動はほとんど不可能と言ってもいいかもしれません。バスやモノレールはごく一部の人だけが利用していますが、地下鉄や電車もないので、あとは車移動が盛んです。特にモノレールは那覇のごく一部しか走っていないことから、県民自身がまだ乗ったことのない人も多いのが事実です。

また、バスは時間通りに来ないことはしょっちゅうですが、今は昔に比べたらだいぶ改善されたそうです。

女性や高齢者の運転も非常に多く、スピードも比較的遅く、法定速度を守って走る方が多いのも特徴です。よくスピードを上げて走っている方はレンタカーだったりもします。

車移動が主のため、子供の学校の送り迎えも盛んです。校門付近に車が待機していることはよくあることです。日本で一番歩かない県民として有名なのがよくわかります。

さらに沖縄では車の修理にもあまりお金をかけていない車が目立ちます。というのも、リアガラスが全面割れているにも関わらず、ビニールで覆い、ガムテープで固定されていたり、サイドミラーが取れたのか、ガムテープでぐるぐるに覆ってあったり。ボディーのちょっとやそっとのへこみでは直さなかったり。潮風で車が錆びやすいので、錆びた部分を自分で塗っていたり、白いガムテープを貼ってみたり。物価が高い割には給料が安い沖縄ならではの事情かもしれません。

道は狭いところも多いため、軽自動車の所持率が非常に高いです。裏道では一台通るのがやっとのところも多々あります。また、意外にも坂が多いので注意が必要です。右折帯がない道も多いので、非常に混雑することも稀ではありません。さらに路駐も多いことから、切り抜けるのが大変な時も多いです。

本土と一番の違いは代行を頻繁に使うことです。

私は沖縄にくるまで、代行というものすら知らなかったのですが、電車がないぶん、飲んだら代行は必需品になっています。

 

車についてはこちら